2013年01月20日

自作PC OS

Microsoft Windows8が発売され徹夜で並び購入とイベント化しているようですが、Windowsにそんなに魅力を感じるのだろうか?(個人的主観でスイマセン)
それはそれとして、Microsoftの製品を使いたいがプリインストールでもない限りなかなか、個別での購入は少ないのではないでしょうか。

ある程度PC知識のある方(自作PC使用者等)なら、OSの入れ替えは無問題だと思うのですが、その方たちでもOSの購入となると、HDDやメモリなどのハード商品との同時購入で「DSP版」というのが多いのではないかと思います。
プラス「Office製品」は高いだけに手が出ない・・・フリーで「OpenOffice」をインストールすれば互換性があるから無問題というのが現実かと。

ただ、ExcelやAccessを高度にいじる方の場合だとマクロやVBAの互換性がなくあえなく撃沈と泣く泣く購入というパターンもあるかもしれない(T▽T)

そんな方に朗報を(-▽-)b
知る人ぞ知る

Microsoft Technet Subscription

この製品の目的は「IT プロフェッショナルの方が マイクロソフト ソフトウェア製品を評価し、展開の計画を立てることができる」つまり製品版同等(いや、同じです)でテスト・検証として使えるというもので、商品単品でなく「OS(サーバーOS含む)、Office(ソフト単品有)サーバーアプリ等」が使えるというものです。

製品内容としては
Technet Standard ¥23,000(購入以後更新なら¥18,000)
Technet Professional ¥39,000(購入以後更新なら¥29,000)
Technet Professional with Media ¥75,000(購入以後更新なら¥54,000)

詳細はコチラ
Technet Subscription購入

通常にWindowsとOfficeを購入したらいくらになるか?
これなら購入後更新を続ければ新しいWindowsやOfficeが出ても、即DiskイメージをDownloadしてすぐ使用することも可能。「Standard」と「Professional」の違いはEnterprise製品が使えるか使えないかぐらいなので通常使用であれば「Standard」で十分、そして¥23,000(購入以後更新なら¥18,000)で使用ができる。お得感満載!
(*購入ライセンス有効期限は1年です。継続で新製品等を利用したい場合は更新の必要があります。)

これから自作PCに挑戦する方、また今後利用したい方はご一考を!!


ラベル:microsoft OS 自作PC
posted by pcamigo at 02:44| Comment(0) | 自作PC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。